伝わる中国語

語学初心者が中国語中級レベルになるまでの経験をもとに、中国語の勉強法について語るブログです。

元・語学初心者が効率的な中国語の学習法を考えてみる

広告

はじめまして、筆者のdagehoと申します。普段は台湾2000元というブログを書いていますが、この度中国語(マンダリン)学習に関するブログを新たに作ることにしました。

 

当サイトのコンセプト

コンセプトは「ネイティブに通じる初級の中国語を話せるようになろう」です。

さらに言うと「できるだけお金をかけずに」「できるだけ早く」「実用的な中国語会話」を習得しよう、です。

中国語学習の裏技とかショートカットといった類のものは存在しないと思っているので「10日間で中国語が話せるようになる!」といった記事は書きません。

基本に沿った勉強法で、つまづきやすいポイントを乗り越える方法やモチベーションを維持するための方法などを書いていこうと思っています。

ブログ内では台湾の中国語について書いていますが、中国大陸で使われる中国語も基本的には同じなので、適宜読み替えていただければと思います。台湾語(閩南語)についても少し触れることがあります。

私の中国語会話レベル

台湾に住み続けて早◯年、台湾での旅行や日常生活に困らない程度。語学検定などの資格は持っていませんが、初級の終わり〜中級の始めくらいの中国語力らしいです。

昔の自分を思い返すと、海外旅行には何度か行きましたが、語学には縁のない人生を送ってきたため、将来まさか自分が中国語を喋れるようになるとは思わなかった、というのが正直なところです。

公用語が中国語の台湾とは関係なさそうですが、初対面の外国人とも英語でコミュニケーションが取れるほどの英語力も身につくとは思っていませんでした。

中国語学習と英語になんの関係があるのかも、いずれ書きます。

私の語学学習歴

英語:中学校3年間、高校3年間、大学2年間

ドイツ語:大学の第二外国語で2年間

中国語:30代になってから台湾での短期留学1ヶ月と、その後在住して独学

語学マニアや若いうちに語学を勉強していた人は外国語脳ができあがっているのか、普通に学習を始めた人より習得するのが早いそうです。ですが、私は全くそのタイプではなく、よくありがちな「いつか話せたらいいなと思っているけれど特に何もしてこなかった人」です。

スタートダッシュは悪くなかったと思うのですが、台湾にそこそこ長く住んでいる割に中国語は大して上達していません。中国語のわからない日本人から見ると流暢に喋っているように見えるそうですが、実際は全然たいしたことないのは本人がよくわかっています。

だからこそ、やる気の出ない人やうまくいかない人の気持ちはわかるし、ひとまずの目標として旅行会話程度ができたらいいなと思う人の後押しはできるんじゃないかなと思っています。

想定する読者層

今のところ、こちらのブログの読者層はこういう人を想定しています。

・台湾や中国で、現地の人と話せたらいいなと思っている人

・中国語をこれから習おうと思っている人

・中国語を独学で始めたけれど入門編の段階でつまづいている人

・中国語の留学を検討している人

・もう若くないので中国語を覚えるなんて無理かな?と思っている人

想定というより、こういう人に読んでほしいと言うべきか。

それではどうぞよろしくお願いいたします。