伝わる中国語

語学初心者が中国語中級レベルになるまでの経験をもとに、中国語の勉強法について語るブログです。

ピンインのローマ字読みはNGです!「牛肉麺」の読み方は?

中国語のピンイン表記の読み方にはルールがありますが、知らずにそのままローマ字読みしている人が多いようです。

前々からネット上で見かけて気になっていた問題を例として書いてみます。

 

牛肉麺はニュウロウミェン?

牛肉麺

台湾グルメの代表の一つ、牛肉麺(繁体字では牛肉麵)をカタカナで書くときにニウロウミェンと書く人が結構います。ウィキペディアでもほぼ同じ「ニュウロウミェン」表記になっています。

f:id:dageho:20180818023430j:plain

牛肉麵のピンイン表記はniúròu miànです。中国語を習った人ならすぐ分かると思いますが、miànはミェンで合っていますが、niúròuはニウロウやニュウロウではなく、ニォゥロウやニョウロウ、ニョーロウに近い発音です。

中国語をカタカナで表記するのには限界があり、聞こえ方には個人差があるので表記ゆれが発生するのは仕方ないですが、ニュウロウとニョウロウでは発音の上手い下手ではなく、ピンインの読み方を知らない人が書いたのだなということはすぐに推測できます。

完全なローマ字読みのニウロウミアンではなくニュウロウミェンにしたのは多少耳で聞こえる音に寄せたのかなと想像していますが、台湾の中国語でniúをニュウと読むことはまずありません。

(NHKで「台北」を「タイホク」と読むように、特有の日本語表記ルールなどがあったとしたらすみません)

f:id:dageho:20180818023435j:plain

インターネットの情報を鵜呑みにしてはいけない 

ニュウロウミェンという発音でネイティブに通じるかどうかというと、私の夫(台湾人)は「聽不懂(聞いてもわからない)」とのこと。声調が合っていれば、もしかしたら何回か聞けば通じるかも?だそうです。

しかしながらGoogleで検索すると、近い発音の

「ニォゥロウミェン」2件

「ニョウロウミェン」220件

「ニョーローミェン」1030件

に対して、ピンインの誤読と思われるカタカナ表記の

「ニウロウミェン」183件

「ニュウロウミェン」5630件

の方が多いという結果が出ます。

 

これがウィキペディアの表記をコピーしたものだとすると、だいぶ困ったことだなと思います。インターネットで間違った情報の方が多く伝わり、また言葉がそのまま定着していくのを目の当たりにした思いです。

ピンインをローマ字読みしてはいけない理由

中国語の基礎的な知識として、ピンインをそのままローマ字読みしてはいけません。正確に言うと、ローマ字読みして通じる音が多いですが、例外がかなりあります。

ピンインは発音を表すものですが、発音記号ではありません。ピンインには「表記と発音の違い」があることをまず理解しておきましょう。

意外と知られていないことなのですが、このピンインという記号は発音を表す記号ではありますが、いわゆる発音記号ではありません。 つまり、同じ「e」という記号でも、場合によって発音が違います。英語の「see」と「end」では「e」の発音が違うことと同様です

中国語の発音と音節表、中国語(ピンイン)の読み方を紹介しています。 | どんと来い、中国語

 

ルールの一つとして、例えば「牛肉麵」はピンイン表記では「niúròumiàn」で、「niú(牛)」はもともと「nioú」という子音+三重母音ですが、ピンインの表記ルールで真ん中のoが省略されている状態です。しかし実際の発音は真ん中のォはしっかり残っているためニョウやニョーに近いです。

POINT

「iou」と「uei」は子音+三重母音のときにそれぞれ発声が弱くなる真ん中の音を省略して「iu」「ui」という書き方になりますが、実際に聞いてみると二重母音ではなく三重母音です。

「ròu(肉)」はそのままロウと読んで大丈夫です。

また「miàn(麵)」については別のルールで、ローマ字読みしてはいけない例外となっています。

「a」の発音は全て「a(ア)」の発音ですが、「yan, bian, pian, mian, dian, tian, nian, lian, jian, qian, xian」及び「yuan, juan, quan, xuan」の場合のみ「e(エ)」になります。

中国語の発音と音節表、中国語(ピンイン)の読み方を紹介しています。 | どんと来い、中国語

 

ここに書いたルールはほんの一部ですが、特別難しい話ではなく中国語の入門本にも書かれている内容です。

WEBであれば、中国語無料学習サイト5選(入門編〜初級編)でもご紹介した上記の「どんと来い、中国語」というサイトにも掲載されています。

表記ルールは一見難しそうですが、英語にもドイツ語にも日本語にもあるもので、中国語の学習がある程度進んでくると特に意識しなくても覚えられるようになります。

POINT

表記と発音のズレは例えば英語の「one」を「ワン」、ドイツ語の「ein」を「アイン」、日本語の「こんにちは」を「コンニチハ」ではなく「コンニチワ」と発音するのと同じことです。

 

外国語の発音は見ただけでは覚えられません。

ですが、独学で勉強した人の中には目での学習に偏っていて、耳で聞こえる音、口で発する音と表記のずれに疑問を感じつつも、目で見たピンインをローマ字読みして覚えてしまう人が少なからずいます。

その結果、英語をローマ字読みしているのと同じような状態になり、いくらピンインを覚えてもネイティブには理解できない発音になってしまいます。

外国語はカタカナで読み書きできると思っていたあの頃

日本語ではカタカナを使えば全ての外国語を日本語で表記できるというルールになっているせいか、意味さえわかれば多少発音が悪くてもカタカナで外国語が話せると子供の頃思い込んでいた人が多いのではないでしょうか。

その後ローマ字でアルファベットを習うと「これで英語を話せるようになる!」と子供らしい勘違いをしてみたり。少なくとも私はそうでした。

しかし、英語を日本人の発音で読んでも英語のネイティブに伝わらないのと同じで、ピンイン表記の中国語を日本人のローマ字発音で読んでもネイティブには伝わりません。

ローマ字は小学校の国語の時間に習うもの、つまり外国語ではなくアルファベットを使って日本語を表記するためのものという大前提を忘れてはいけません。

思い当たる節がある人は、今すぐローマ字読みをやめてまずはピンインの基本的なルールを確認しましょう。

 

中国語の発音にはさらに声調という日本人にとっては理解しにくいものがありますが、それについてはいずれまた書く予定です。